Home > 千葉の葬儀の本店と支店 > 千葉の葬儀社の中でも本店と支店との対応の差はありますか?

千葉の葬儀社の中でも本店と支店との対応の差はありますか?

葬儀社の本店と支店で、大きな差異は生まれるのでしょうか。

そのようなことが実際に起こり得るのか考えてみまましょう。

■お互いに補完し合えるネットワーク体制。

“葬儀社の本店と支店との差”というのは、サービスや対応の差を気にしてのことだと思いますが、葬儀に本店扱いと支店扱いがあったとしても、差はありません。

当家で利用させていただいた千葉県市原市の市原儀式殿には、そのような本店・支店はありませんでしたが、通常は何かがあってもお互いに補完しあって事をすすめるのだそうです。

他社と葬儀場を融通しあうこともあるそうです。

よく葬儀会館の同じビルの中に本店があって、そこでなら決済が早く取れるとか、事がスムーズに運ぶというのを耳にしますが、差があるといってもその程度です。

■本店や支店の差など生まれないITの時代。

昔と違って、現代はネットやIT技術を使って本店・支店間が結ばれていますので、なおさら葬儀内容に差が生まれるというのは考えにくい状況です。

そのようなことより、葬儀には見積もりと実際の請求額に差があったり、最初に打ち合わせしていた式場の大きさや棺の質、造花の種類などに違いがあったりと、いろいろなトラブルがあります。

そちらの差をしっかりとチェックしましょう。

また、地域によって当たり前に思っていたマナーに差がでることもあります。

今後の冠婚葬祭の際に役立つと思いますのでこちらのサイトのご一読をオススメします。

【参考サイト紹介・・・狭い島国の日本とはいえ、冠婚葬祭の“当たり前”は東西でこれほどまでに違いました

千葉の葬儀社以外でも、そのような差異は他県同様にあります。

■本店・支店の差など、あってもそれほど大きくはありません。

それよりは葬儀社ごとに異なる品質・対応の差のほうが大事です。

葬儀費用の追加請求や棺の品質、造花のレベルなど、どちらかと言えばそちらのほうに、トラブルの火種になるケースが多くあります。

明細を確認し念を入れるなど、打ち合わせ時に曖昧な契約にならないように注意しましょう。

Comments are closed.

TOP