千葉の葬儀の1つで、家族葬とはどんな内容でどこまでの規模ですか?

家族葬と一般葬の違いはそのコンパクトさにあります。

家族葬の概要やメリットをご紹介しましょう。

■一般葬をコンパクトにした葬儀という感じ。

家族葬は遺族・親族の見送りを前提にした葬儀のことで、親族以外はご近所の方々が焼香に訪れる程度の規模です。

最近では葬儀に対する合理的な考え方や独居の方が増えたりしたこともあって、一般葬より家族葬のニーズが増えています。

家族葬でも通夜はあり、告別式もあります。

一般葬をコンパクトにした葬儀だと考えれば良いかと思います。

■稲毛儀式殿でも家族葬ほか幅広く対応。

ブログを参考にオススメの千葉の葬儀をご紹介します。

※参考ブログはこちら・・・千葉の葬儀解明アシストブログ

千葉県稲毛市にお住まいなら、千葉市稲毛区園生町にある「稲毛儀式殿」でも家族葬を受け付けてくれます。

千葉都市モノレールを使って「スポーツセンター駅」で下車すると、正面に見えるのが稲毛儀式殿です。

駅からは徒歩5分で、もちろん駐車場もあります。

式場の見学や事前相談も行っているので、下見に行かれてから家族葬か一般葬か、葬儀のスタイルを決めてもいいと思います。

受付時間は朝の9:00から夕方の17:30までです。

一般葬、自由葬、最近多くなったという1日葬など幅広く対応してくれます。

■家族葬の利点は会葬者が限られているので、通夜振舞いや応対に追われる気ぜわしさがないことです。

基本は身内だけなので、通夜といっても祭壇・故人の見守り程度です。

当家も千葉の稲毛区にありましたので、近くのコンビニで軽食を買っておいたりして通夜を過ごしました。

故人とのお別れの時間をゆったり過ごせます。

Comments are closed.

TOP